So-net無料ブログ作成

回鍋肉、厚揚げを使った独自のバージョン [今日の逸品]

回鍋肉。もちろんごぞんじですよね。豚肉と味噌や豆板醤や野菜(キャベツなど)などで作る料理。あれって肉も野菜も入ってご飯も進むのですごく良い料理だと思うんですけど、本格的に作るとなると実は結構面倒らしいのね。でも私はそこまでしないで、味の素の「Cook Do」回鍋肉用というのを使っています。正確には、「豚肉とキャベツの中華甘辛味噌炒め」という名前ですね。



でももともとの回鍋肉、つまり中国料理・四川料理としての由来は、一度調理した食材を再び鍋に戻して調理するという意味で、野菜もキャベツではなく葉ニンニクやニンニクの芽で、「甘辛味噌」ではなくより豆板醤の味を強くした辛いものといわれていますね。

Cook Doは、家庭用の味を独自に開発したということかな。

「再び鍋に戻して調理」というのは、火の通りや味付けの異なるものを、ひとつの鍋で別々の工程で作るということみたいです。

つまり、最初に豚肉を味付けて炒めて、それをいったん鍋から出して今度は野菜を炒めて、最後に肉と野菜を炒めるということですね。

いっぺんに炒める「野菜炒め」とはその点が違いますね。

肉に独自の辛みや味付けをするのが回鍋肉の特徴なのでしょう。




↑スポンサードリンク

それで私の場合は、その味味の素の「Cook Do」回鍋肉用をベースに、さらに身勝手に改良しているの。

回鍋肉.jpg

野菜は人参、ピーマン、キャベツはともかくとして、そこに厚揚げも加えちゃう。豆腐だと崩れるし麻婆豆腐のようになってしまうので厚揚げなんだけど。

そのほかにきのこをたくさん入れるとボリュームが出ますよ。量を食べたいけど健康面も気になる場合、きのこって便利ですね。

中でもエリンギは熱を加えてもへたらないのでおすすめ。味の素のソースはおおむね好きなんだけど、もし味をもっと濃くしたいと思った時は、味噌にみりん、酒を混ぜた甘味噌で適宜微調整しています。

【材料】・厚揚げ1枚・キャベツ1/4・ピーマン2個・人参1/2本・きのこ(しいたけ、しめじ、エリンギなど)1パック・市販の回鍋肉のソース・サラダ油

【作り方】1.厚揚げ、キャベツ、ピーマンは一口大、人参は短冊、きのこは食べやすく切る。2.人参は固ゆで、厚揚げは熱湯を回しかけておく。3.フライパンにサラダ油を熱し、人参、ピーマン、キャベツ、厚揚げ、きのこの順に炒め、回鍋肉のソースで味付けする。

そんな感じかな。

みなさんは回鍋肉の具、何をお使いですか。

味の素 Cook Do 回鍋肉 90g ×10個

味の素 Cook Do 回鍋肉 90g ×10個

  • 出版社/メーカー: 味の素
  • メディア: 食品&飲料


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 2

assimane

厚揚げを入れるのはナイスアイディアですね。
一度、試してみよう。
by assimane (2014-04-09 01:08) 

utamaroco

厚揚げはお肉の代わりに使うと
安上がりだしヘルシーなんですよ。
物足りなさはありますけどね。
by utamaroco (2014-04-09 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...