So-net無料ブログ作成
検索選択

炊飯器は象印?東芝?タイガー?どこがいい? [炊飯器]

毎日の食生活において、白いご飯は欠かせない食べ物です。そして、ご飯を食べるためには炊飯器は欠かせないものですから、毎日少しでも美味しいご飯を食べたいと炊飯器選びに慎重になる人も多いと思います。炊飯器にはいくつか種類があって、各メーカーによっても何に力を入れているか特色が違ってきます。




まず、炊飯器には、マイコン炊飯器、IH炊飯器、IH圧力炊飯器、ガス炊飯器の4種類があります。

マイコン炊飯器は他の炊飯器よりも低価格で、炊飯器の底部分のヒーターによって釜を熱します。

IHなどに比べると味は劣ります。

IH炊飯器は一般的に主流になっているもので、電気で釜を加熱し、全体にむらなく熱が届きます。

IH圧力炊飯器は、圧力によって釜に熱が伝わり、米の芯までふっくらと短時間で炊き上がります。

ところで、饅頭といえば何を思い浮かべますか。

まさか、にんじんでまんじゅうとは思わないですよね、さすがに。

馬込三寸にんじんまんじゅう』は、馬込文士村商店会御菓子司わたなべで売ってますよね。

これはかなりの名物度です。

普通の人参よりも小さめなんです。

そこに希少価値があります。

しかし、IH炊飯器に比べ値段が割高です。

ガス炊飯器は、電気よりも火力が強く短時間で美味しいご飯が炊きあがります。

このような種類の中で、一般的に主流になっているIH炊飯器の内釜の特徴をを各メーカー別で見ていきます。

三菱の内釜は純度99.9%の木炭を使用した釜で、釜に熱がすぐ伝わり遠赤効果も高く、お米本来の甘味や旨みを引き出してくれます。

日立の内釜はIH発熱に効果がある鉄をベースに作られており、一気に大火力でお米を炊き、高温スチームで温度のムラをなくします。

東芝の内釜は釜をダイヤモンドと銀でコーティングすることによって熱が早く伝わり、真空状態でお米が舞い、芯まで熱が伝わりふっくら仕上がります。

三洋の内釜は熱が伝わりやすい銅板を使用しており、他に比べとても早いスピードで一気にお米に熱が伝わり、加圧と減圧でお米が踊り、一気に炊き上げます。

象印の内釜はまほうびんと同じ構造の真空層がある釜で、熱を逃がしにくく蓄熱性に優れています。

また、7段階の圧力で選ぶことができ、好みの圧力でお米を炊くことができます。

タイガーの内釜は本物の土鍋釜を使用し、土鍋の特徴であるじっくり熱を伝えることによって、高い発熱性や蓄熱性に優れています。

このように、各メーカーごとで釜に使用する材料も違い、それによって炊き上がりの味も変わってきます。

ですので、自分や家族の好みなどを考えてじっくり選びましょう。

アイリスオーヤマ 炊飯器 マイコン式 5.5合 銘柄炊き分け機能付き RC-MA50-B

アイリスオーヤマ 炊飯器 マイコン式 5.5合 銘柄炊き分け機能付き RC-MA50-B

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ
  • メディア: ホーム&キッチン


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...